自宅ネイルサロン開業を思い止まる6つの不安要素とは?

自宅ネイルサロン開業への不安にお答えします

ネイルサロンがブームということもあり、ネイルサロンの開業をしたいと思っている人も増えています。
でもネイルサロンを開業してみたいと思っても、店を借りるのは経費がかかります。
そこで自宅でできるネイルサロンの開業をおすすめします。
自宅開業であれば高い賃料を払う必要もありませんし、通勤せずとも仕事ができます。
家事や育児で忙しい女性にとっても自宅での開業は素敵なライフスタイルをつくることができる働き方なのです。
そこで自宅でネイルサロンを開業するにあたっての、悩みや疑問を解消していきます。

営業許可は必要?

ネイルサロンに営業許可は必要ありません。ですから、サロンに許可証を飾る必要もありません。実は自宅でネイルサロンを開業するのは、様々な免許や営業許可が必要な他の美容系起業に比べるとハードルが低くて始めやすいと言えます。

開業届や手続きは必要?

まず、自宅でネイルサロンを開業すると決めたら、税務署に開業届を出しましょう。
開業から2カ月以内に提出しなければなりません。意外と期間に余裕があるので、あと回しにしておくと開業届を出し忘れたなんてことになりかねません。
開業届を提出しなければ青色申告が受けられなくなりますので、忘れないようにしましょう。

資格は必要?

答えを言えば、ネイルサロンは資格を持っていなくても開業できます。
極端な話、ネイルをやったことがない人でも、開業が可能なのです。だからといって資格が必要ないわけではありません。ネイルに関する技術や知識には様々な資格があります。
所有する資格はネイリストの信用に関ります。店の信用を得るためにもネイルに関わる資格は持っておくべきだと言えるでしょう。
もっとも基本的なネイルの資格である「ネイリスト技能検定資格」は必ず持っておきましょう。資格という肩書はネイルのスキルと同じくらい大事なのです。

開業のために準備するものは?

準備するものは、開業するお店によって変わります。アットホームな雰囲気なら手軽な改装程度で良いでしょうし、本格的な雰囲気づくりをするならそれなりに資金が必要です。もちろんネイルの仕事をする上で、ネイルの道具は必要です。ですがそれ以上に資金がかかるのがネイルサロン作りです。
資金的に余裕があれば、ネイルサロンをきれいでおしゃれに改築した方が良いでしょう。またオシャレな家具や雑貨をそろえる必要もありますし、お店の看板や外装も考えてサロンを作っていくことになります。
もちろんきれいでオシャレなサロンであることに越したことはありませんが、開業当初からお金をかけ過ぎるのも資金を回収できないリスクがあります。サロンを開業してからでもお店を改築することはできますので、実際に売り上げが立つようになってから力を入れるのもよいでしょう。

収入はどれくらい?

収入はサロンの集客によって大きく異なってきます。
自宅サロンの収入は月に10万円~15万円くらいの収入になる人が多いようです。
もちろんもっと集客して稼ぐ方法もあると思いますが、自宅での仕事ということで従業員を雇わず個人でサロンを経営している方が多いので、こういった収入になるようです。
ただし自宅でサロンを経営するにはお金以上のメリットもあります。
子どもの育児や家事をこなしながら仕事をすることができるので、収入だけが目的ではないという方もいます。

開業の失敗例とは?

開業の失敗で一番多いのはお店の立地です。
入りづらい、もしくは目立たないお店であれば、集客に苦しむことになります。
逆に目立つところにあっても周りに人気店がたくさんあるなど競合が多いところは不利になってしまいます。
ですが、自宅で開業する場合はサロンの賃料が必要ない為、売り上げが上がらず赤字になって賃料の支払いが厳しくなるリスクはありません。これが自宅開業の最大のメリットであるといえるでしょう。ですが自宅で営業していくことになるので、立地は選べません。そこでサロンへの集客方法は戦略を練る必要があります。

自宅ネイルサロン開業のポイント

繁華街のお店であれば人がサロンを見れば認知されて、ある程度お客さんを呼び込むこともできるでしょう。
ですがサロン自宅ですので、人目に付きづらい立地ということも多いでしょう。
そこでHPやSNSを使った広告を出すことが大事です。
うまくインターネットを活用してサイトを通じて人々に認知されるようになれば、自宅でのネイルサロン開業のデメリットも克服できることでしょう。
それにサロンでは立地条件以上に口コミ評価を重要視する人も多いので、良いサービスを提供することができれば、人気店にすることもできます。
まだ資格もっていないけど、将来的に開業したいと思っている人は早めに必要な資格取得に努めましょう。
ネイルサロンに必要な資格は通信講座で取得することができます。
女性向けの資格が取得できる日本パーツビューティーアカデミーの通信講座を利用して、ネイルサロン開業の準備をしましょう。

 

➡ジェルネイル認定講師資格取得講座【無料資料請求フォーム】